2015年1月6日火曜日

紙の上の魔法使い感想

2014年のTOP5らしいのでやってみた。

数年に一度の名作ではないけど、年に一度は出るの良作。
練りこまれているプロットが○
ただ伏線が回収される時に「ああこれ回収するの・・・?」って感じで、回収のされ方に疑問は残る。
テキストが悪いのかミスリードがうまく発揮されておらず、ミスリードに強烈な違和感を感じ、何言ってんだこいつ状態になる時が多々。

しかし妃√の出来はかなり良かった。

しょーもないバグがあったり、絵が合わなかったり、設定が合わなかったりとマイナス点もあるけど80点くらいじゃないでしょーか。
(※短所にある程度目をつぶり、長所を高く評価するこの業界ry)


では一番できの良かった印象に残った妃√より、屈指の一言。


0 件のコメント:

コメントを投稿