2014年9月29日月曜日

LinuxMint使ってみた

Amazon問題とUnity問題でなんか大変らしいので
UbuntuじゃなくてMint使ってみた。バージョンは17。
これでダメならWindows買うしかにあ。
(Unityって最初ゲームエンジンの方想像してハテ?ってなった)

以下設定したとことかメモ

・最初にやったこと
パッケージアップデート
オートログイン設定
→システム設定→ログイン画面→Autologin→EnableAutomaticLogin
スクリーンロック無効
→システム設定→スクリーンロック→Lock the computer when put to sleep
HiDPI有効
→システム設定→一般→User interface scaling Double(Hi-DPI)

・GUI
高機能らしいのでcinnamonにした。
重かったら変える予定。
HiDPI対応しててで今のところ動いてる。

・Firefox
悩んだ末、標準ブラウザはFirefoxにした。
Wikiで設定どおりでちゃんときれいに表示されるようになる
アドオン
→辞書:weblopane

・日本語入力
初期状態では日本語は表示されても日本語は入力できない。
LinuxMintを使おう」を参考にFcitx+Mozcをインストール。

無事動く(ありがとうございます)

かな/英数の切り替えがデフォルトではCtrl+Spaceとなっているのでこれを変更
→メニュー→設定→Fcitx設定
 →全体の設定から入力メソッドのオンオフにキーを設定

・ワークスペース
wiki見たけど増やし方がよくわからんかった。
Ctrl+ALT+↑で一覧が出せるのでそれで追加。

・GoogleDrive
linux未対応なのでgrive, grivetoolsというのを代わりに入れる
→一応ちゃんと動く模様

・java
OracleJavaを使う必要があったので使う
→alternative-updateコマンドで簡単
# java -version
java version "1.8.0_20"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_20-b26)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.20-b23, mixed mode)

・残調整
 →Rictyフォント入れる
 →グラフィックドライバ周り
 →ランチャー
 →キーボードショートカット
 →Networkmanager経由で53番ポートlistenしてるのなにこれ

2014年9月28日日曜日

chromeの文字が小さい

chromeはlinuxではHiDPIはサポートしてない。
Firefoxは可。chromiumを自分でコンパイルすれば対応するらしい。

https://wiki.archlinux.org/index.php/HiDPI#Chromium_.2F_Google_Chrome

Flashが切り離されているとはいえ、自分でバージョン管理面倒だしFirefoxで我慢するか・・・。

オーディオレシーバー

Windowsマシンが起動していなくてもスピーカーを使いたい(ポンコツマシンを起動させてだけおくのはうるさすぎ電気代の無駄)、スピーカーにワイヤレスで接続したいというニーズが発生したので調べるだけ調べてみた。
基本的にはiphoneやノートPCの音を、機器から離れたスピーカーで再生する。
スピーカーがブルジョア時代に買ったGD-H500で、トテモ・キニイッテイル。

図にするとこんな感じ↓

接続方法は2種類あってそれぞれメリットデメリット

・Bluethooth
 →デバイスからはBluethoothスピーカーとして認識される
  →ペアリングすれば動くので簡単
  →伝送距離が10m
  →帯域2Mbps だったような
  →Bluethoothの宿命の音声圧縮処理により音の遅延ブツ切れが起きる

・WiFi
 →伝送距離が広い。電波が強い。帯域が広い。非圧縮で音声を送れる。
 →DNLAクライアントとして動作する
  →送る側に専用のアプリ(DNLAサーバ)がないと動かない
   →アプリでどうとでもなる
    →アプリでどうにかしたのがAppleTVやAmazonFireTVかな?

共通の問題
 →電波干渉の音切れの問題がある
  →WiFiで11nを使う場合5GHz帯でマシになるという話もあった

・受信機側ポイント
 →デバイスにあったオーディオコーデックを選ぶ
  →SBC対応であれば基本動作するけど、低圧縮低音質
   →iphone/ipadなどのios製品はAAC対応品を選ぶ
   →Androidはapt-X対応品を選ぶ。ただし2013年前の製品は非対応の可能性あり
 →受信機からスピーカーの接続をアナログにするかデジタルにするか
  →スピーカーにデジタルがあればデジタルがよい

・どれ選べばいいの?
 →iosであるまたは安くて動けばいい:LBT-AVWAR500
 →aptx対応。受信機スピーカー間のデジタル通信:LBT-AVWAR700, WR-BT300
  →LBT-AVWAR700はNFCにも対応
  →WR-BT300はペアリングがタイムアウトすると省電力のため電源が落ちる
 →Wif対応:LDT-AVWAR800
 →Apple製品しか使わない。ディスプレイやTV接続して動画も:AppleTV
  →2014秋発表のYosemiteから拡張ディスプレイ対応。それ以前はミラーリングorストリーミングのみ。

・最後に
 →あくまでスピーカーでイヤホンを使用目的(持ち歩き目的)なら別のものを。
 →スピーカーに拘らないorスピーカーも買うつもりなら今は最初からワイヤレス対応品買うのが楽
 →Apple製品使うことが多いのでAppleTVがいいかな。ディスプレイ拡張できるし。
  →Yosemite出て、評判聞いてから考えよう。
   →ヨドバシカメラだとApppleTVよりLightningアダプタで出力したほうがいいよ!って売り方だった
    →新型AppleTVでる話あkるけど、2014年内は(ライセンス契約難航で)難しいって話
    →Yosemite発表タイミングで出なかったら年内はなさそう。

2014年9月27日土曜日

お前もかよ!

Fan掃除してダメだったらバットで殴ろう。
室温25℃です


2014年9月26日金曜日

デスクトップ録画

艦これを録画するのにQT使ってたんだけどマウスポインタが表示されるのが嫌なので、
chromeの拡張機能であるScreencastifyを使ってみた。

メリット
・chromeの拡張機能であること
 →マルチプラットフォーム、アカウント同期
・タブ録画(座標ずれがない、そのタブの音声だけを拾う)
・ショートカットで簡単録画・レジューム
・デスクトップ録画もできるっぽい
・マイク音も拾えるっぽい
・ファイルサイズが小さい(mov+H264の4分の1)

デメリット
・webm(google専用のコンテナ規格)
・最高画質でも画質がわるい。とにかくぼやける。
 →ストリーミングなら耐えられるかなぁ。
  →拡大表示したらどうなる?★
・編集する場合は他形式(aviやmp4やmov)に変換が必要
 →MediaEncoder非対応
・重い(処理落ちする)
 →8fpsくらいだった・・・

画質比較
左:webm(Screencastfyで録画)、右:H264(QT10)
解像度800x600で一部を拡大したもの。
youtubeやニコニコにアップしたら画質は下がるのは当然なんだろけど、
作業時にこの画質なのはちょっとなぁ。

求めているもの
・マウスポインタ非表示
・高画質
・録画時の座標指定
→Camstudioで近いことができるけど10fpsが限界。
 →録画できてないこともあるのでかなり痛い

2014年9月24日水曜日

parallelsでvirtualization

デスクトップのWindowsが録画するとカクカクでストレスフルなので、
ノートPCに環境作ろうとParallels8でmac on mac(ライセンス的は2台までOK)しようとしたら動かない。
ubuntu14.04も試したけど動かない。Parallels toolsがどうもダメ。
Windowsなら動くので仕方なくWindows7か8買おうかと思案。
ちなみにVirtualBoxは昔使ってた間隔だがGUIがしょぼいので選択外。

今後ホストを10.10(Yosemite)にアップグレードしたら
Parallels8は動かなくなると通知が出る。
今後もサポートしないっぽい
えー・・・。仕方ないのでParallels10購入申請。

申請通ったので。Parallels10でmac on mac。



やってみてダメなこと
・キーボードとトラックパッドがちゃんと動かない。
 →virtual keyboardとvirtual mouseになってるのがダメっぽい。  
  




 →トラックパッドでジェスチャーが使えないのがとにかくストレス。
  →ゲストに直接続したけど動かない。Internal keyboard/trackpadだから?
   





 →ウィンドウモードででホットコーナー動かない
  →MissionControlはショートカット(^↑)で。
 →かな/英字切り替えが面倒で禿げそう。
  →キー配列が101英語。
  →Karabiner(KeyRemap4MacBook)でかな/英字切り替えは当座をしのぐ。
   →設定したキー反応にラグがある。1秒くらいかかる。

・Dockを隠すと隠れたまま戻ってこない。表示させたまま。
・スペックが怪しい?
 →プロセッサの種類が認識されない(不明のまま)
 →メモリのクロックが667MHz表示
 →ビデオメモリ256MBまで。
  





・Retina解像度を有効にしても高解像度DPI非対応。
 →くっそ汚い・・・。
  





・画面がちらつく
 →ティアリングかな?リフレッシュレートがおかしいんじゃないかこれ
  →よくみたら垂直同期の設定がない!!(Windowsにはあるのに
    →がんばって探します★
・システムレポートを見るとたまにウィンドウが全部落ちる
 →リロード(一度ログオフ)してるのかな?



今のところの結論
・MBP Retinaでは画面がくっそ汚く映って耐えられない
 →GUI関連がとにかくダメなので開発環境としてちょいちょい使うくらいが限界
 →LinuxでいうところのGnomeに相当するAquaが悪いぽい
  →HiDPI対応にできるかも
・LinuxはGnomeがちゃんと対応(Cinnamonしか試してないけど)
 →ただしChromeは未対応
・Windows7はちゃんと動く
 →Windows8評価版90日無料があるのでこれで試せる

2014年9月19日金曜日

そういえば艦これプレイして1年以上だった

去年の夏イベントあたりにはじめたんだっけか。
続いた理由を挙げてみる

ゲーム性
・キャラゲー、育てゲー、戦略ゲー
・難易度が手ごろ(編成・装備・兵站で自由にカバー)
・最後は運ゲー(試行回数でカバー可能)
・束縛時間が短い
・轟沈で艦娘が消滅する!無慈悲!

萌え豚
・ミリタリー(史実に忠実で設定が細かい)
・イラストがそれなりに可愛い
・ボイス豊富、好きな声優が多い
・嫁機能
・基本は同人OK
・いろんな方面でネタが豊富

課金
・角川商法(月額、ガチャ無し)
・課金が割に合わない(=課金すればOKという作りではない)

その他
・細々とだけどアップデート(隔週)
・四季にゲーム内期間大規模限定イベントがある(兵站の準備が必要)
・廃特典がないのでマッタリ(先行実装装備のみ)
・BGMがいい
・日本海軍の変態ぶりがよくわかる

やっと



ウィンドウと色のデザインのフォントサイズ変更

さらにおかしくなる

戻しても直らない

chromeのフォントもおかしくなる

chromeも直らなくなる

chromeだけフォント強制変更の設定をする

なんかMSのフォントが少ない気がする

フォント一覧見たら、MSゴシックのフォントが消えてる

フォント設定→既定フォント設定の復元を実行

直らず

ggってY!知恵袋で紹介されてるKB927490をDL→インストール
http://support.microsoft.com/kb/927490/ja

既にインストールされてる

更新プログラムのアンインストールからKB927490をアンインストール

再起動

画面バグって何も表示されなくなる

強制再起動

起動したのでKB927490インストール

再起動

直る(直ったように見える)

2014年9月17日水曜日

もう嫌や


PC起動したらフォントが勝手に老眼モードになってるし、
直し方わからんから表示初期化したら
フォントがむっちゃ汚くって心が折れた


2014年9月11日木曜日

2014夏イベント MI作戦 E-3

今皿


画面ぎりぎり下に字幕でるとシークバーで見づらいのでずらしてみた。
もうちょっと上がいいかもなぁ。

とにかく字幕と動画をあわせるのに時間がかかってしまう。
字幕のフォントキッタネー

これつくるのに3週間かかったのか・・・。