2012年10月5日金曜日

ベンチマークその2

やはり恒例のベンチマークといったらコレだろう
リネ2を動かしてみる














・・・・てか、高解像度で普通にうごいた。FPS入れないでも大丈夫。i7すげーー!
もちろんフルスクリーン可。解像度調整も自由自在。音もちゃんとでます。

ただタッチパットだと操作がうんkなので、マウス必須ですね。

ParallelsはWindowsのイメージをそのまま吸い出すことが可能。
なので今使っているWindowsをそのまま仮想化してMac上で動かせる。P2VもV2Vも可能。
VM側に割り当てるスペックも選べる(再起動は必要だけど)上記はOSがXPなので32bit制限で4coreの3GBという環境。
あ、ハードウェアが変わるのでOS再アクティベーションは必要だった。

とりあえずこれでWindowsでしか動かないアプリもMacで動く。
それにParallelsのCoherenceモードがすごい。Winアプリだけを仮想化したように動く。

どんな感じかは↓の動画をどうぞ。ちょっと古いけど。イメージがわくと思う。
あと↓のはParallels7の動画で、最新版の8だと画面下のタスクバーが省略できるす。

ベンチマークその1

VirtualBoxからparallelsに代えてCrystalDiskMarkしてみた













SUGEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!
block size 4kはこんなもんかぁ。

そしてRetinaディスプレイ解像度高すぎww

2012年10月4日木曜日

なんかきたーーーーー!!!!!

会社に行くと、机の前になんかダンボールが積まれていた。





あーん?なんだこれ・・・・?










ん・・・・?




















な・・・・・アップルストアだと!!!!!???
品名:パーショナルコンピュータだとおおお!!!!










ま、まさか・・・・・













ガサゴソ ガサゴソ


















 ヽ(`д´;)/  うおおおお!?





Mac Book Pro Retitaディスプレイキタ━━━━━━≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!! 











早速開封!!!!!





おっ!





おおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!



















薄すぎだああああああああああああああああああ!!!!Air並みじゃねーか!!!




ハフハフ!!!軽いでござる!!!!!ハフハフ!!!



うすーーーーーーーーーーい!!!!!




そしてスペックは・・・・

















i7の2.7GHzに16GBメモリじゃねーか!!!!!
例の記事のヤツか!!!!!!!!!!

CPUはi7-3820QMか!!!!



おまけ

VirtualBoxでWindowsXPを起動してIOPSを測ってみた。





















Seq Read/Writeはえーーーーーよ。
ランダムアクセスはブロックサイズでかなりパフォーマンス違う。
これは仮想化のIOスケジューラの性能によるものか?

ちなみに病のいつもつかっているデスクトップの結果は以下のとおり↓



SSDはReal C300のMTFDDAC128MAG。
SeqがSATA2.0のほぼ頭打ち速度まで出るスグレモノ。
今ですら中古は2マソくらいするやつ(てか今は他にもっといい出てるけど)


次はあれだな!!!!
例の方法をつかってのベンチマークだな!!!!!